大忙しいんだよ相いやいやいや今日終わっ

大忙しいんだよ相いやいやいや今日終わったら行けばいいじゃん大明日ドラマで早いもんだって。言ったよね俺山ペイに相山ペイ山ペイ大俺はあんまり店とか知らないからよしくね!って山そうそうそう松俺店知らないからとか言うんですよ。ワクワク学校やった後に

今日パパの誕生日なんだけどうちが1番嫌

今日パパの誕生日なんだけどうちが1番嫌ってるはずなのに1番はやく気付いてパパ帰ってからおめでとーっていったの。そしたらままにまだ言われてないっていうから気付くまで言わないでおこってなって今帰ってきたんだけど一向に気づく気配ないのに、おつまみ大量に買ってきたらなにごとって聞いたら

GetWildリミックスコンテストにエントリーしました!

こんばんわーるどわいど!

NoeLです

Twitterで何度かつぶやいたので気づいている方もいらっしゃるかと思いますが、この度、TMNETWORKとサンレコさんの合同企画、

あなたのGetWildリミックスコンテスト

にエントリーしました!

NMEの音源やりとりしている時にコマさん(e-さん)から紹介されて、最初は間に合うか不安だったんですが、なんとか形になった?なってないか?わからないけど締切までにUPはできましたっ

まずは聴いてみてください!

あまりダラダラ語るのも聴き手の自由を阻害してしまうのですが、

ちょろっと語ります

今回awaketogetwildmixと名付けました。

原曲のGetWildはまさに希望の曲ですが、

今回はその逆の混沌、不穏、をモチーフにやってみたらどうだろう?

と思い、フレーズを打ち込んでみました!

混沌とした悪夢のようなイントロから、

唐突なベルの音で目覚めて、

(本当はジリジリジリの目覚まし時計の音をサンプリングしたかったんですが、家にはピピピピの目覚まし時計しか無かったので泣く泣く電話の音でごまかしました)

バクバクする心臓の音のようなキックの中でだんだん現実に引き戻され

サビでは自分の内にある居場所と向き合う、反響しているような空間をイメージしています。メジャーな響きをもちつつもどこか不気味な感じ?を、

右のギター(コンプで潰れてあまり聞こえませんが)と左のぷわぷわしたシンセにまったく同じフレーズを弾かせて左右同じ位置で鳴らすことで表現しています。

アウトロはシンセリードで私の好きなゲワイのフレーズをノリノリで一発弾き?録り?で弾いたフレーズを全面に出しています!

全体的には、メロはラテンな感じで構築したんですが、サビは逆にシンセリードを入れて雰囲気を変えています!

ウツ様の現在のボーカルデータは、一回聴いた瞬間にこの大人感はラテンが合う!!!と思ったのですが、作っているうちにシンセに載せたverも聴きたくなってしまいこうなりました

今回はミックスマスタリングに時間かかると思って打ち込みの見直しが十分にできなかったので、リズムのヨレとか直し切れていない部分もあります。まるでMTR(懐かしい)で一人で重ね録りしてできた音源みたいです〜次はぱきっとジャストな打ち込みもやらなきゃ勉強にならないなぁ〜と思っています

私はコードわからない人間なので、全ての楽器を一通りMIDIキーボでフレーズ入れて、重なったフレーズのスキマを公約数的な音(のちに和音になる)で埋めていくスタイルなので、

この微妙な不安定さが出るのかもしれません

作曲本読みます!そして先輩方の作品を聴いて良い技をどんどん吸収しようと思います!

GetWildはボーカルカバーを一足先にリリースしていますが、

歌での表現と編曲での表現ってまったく違うんだなぁというのが一番の発見でした

ぶっちゃけGetWildがリリースされた当時は音楽聴いてもわからないほど小さかったのですが、物心ついて初めて聴いた時の衝撃は未だに忘れません。実は小室さんの音楽でいえばTMNよりglobeのほうが先にハマったわけですが、小室さんの作品を時代をさかのぼるように聴くと各年代のエッセンスというか、挑戦の跡が見える聴こえるようで感動しました

(KEIKOさんの今の歌声がUPされていましたね!嬉しくて泣けてしまいました。嬉しくて昨日今日とglobe聴いています)

今回GetWildのリミックスということで、きっとすごい方ばかり参加されるんだろう、自分みたいなDTM始めました的な人はあまりいないだろうと不安になっていましたが、もう100再生を超えていて、聴いてくれている人がいるのはやっぱり嬉しいなぁと思いました!

低評価が多いのはしょうがない!クオリティはこれからあげていくとして、センスパッション意欲は自分次第なのでモチベーション高く維持していきたいと思います!

本業は歌なので、歌がおろそかになってはいけませんが、

表現手法として作曲編曲はとても勉強になるし武器になる

ので、これからも機会があれば果敢に挑戦!します

ではでは!

滝!

今日は有田川の次の滝へ行って来てました!(^-^)v

滝の裏側も回れて気持ち良かったですよ♪(^-^)v

広告を非表示にする

ルーツ或いは祖父の話

夏季休暇中、自分の記録として綴っているシリーズ第4話。

昨日の前話で私のルーツ探しの推理は前回で終わったように思えたが。

自分なりに母方の祖父が生活し叔母が誕生した場所の推理が完結し、すっかり名探偵気分になった翌日のことである。

その日はやっかいな仕事があった。

前に書いたように私が推理した川俣町小島蛇塚山のすぐ近くで当社が施工するトンネル工事で、問題が生じていた。

突き詰めると当社に責任はないのだが、現場から離れたところにある2つの地区の揉め事に巻き込まれたような形で当社にクレームが入った。詳しくは書けないが、実際にはその2つの地区が話し合って解決すべきことなのだが、昔から不仲な関係だったこともあって直接交流がなく、おかしな話だが当社が間に入って揉め事を解決しないと工事に支障が出ることになりそうであった。

私ともう一人の関係者が仲介する形で、その晩に両地区の直接対面がされることになっていた。

遅刻するとまずいので、うかがう先の集落の場所を事前にカーナビで調べておこうと思った。

私の車のカーナビは古いもので、住所で検索するのに手間かかる。

福島市町という町名まで検索すると、以降の地名はあからずっと下にスクロールしなければならない。

地区名が結構たくさんあって一件一件探すのだが、スピードが速すぎたのか目的地を見落として次の町名にいってしまい、今度はゆっくりと上にスクロールしながら目的の部落名を探す。

するとこの文字が目に入った。

町蛇塚

あれ。

蛇塚。

昨日まで必死に追いかけた地名である。

そうか、福島市だから伊達にひっかからなかったんだ。

ん??だけど、昭和12年頃だとすると??

ピンとひらめいてすぐに車中でパソコンを取り出して検索する。

やはり。

今は合併して福島市町。

だから伊達という文字は入っていないため、インターネット検索で立子山蛇塚はヒットしなかった。

しかし、合併前、昭和30年以前は伊達郡T村。つまり昭和11年は伊達であり、その中の蛇塚なのだ!

叔母のヒント伊達蛇塚と一致するではないか。

ざわざわっ、と背筋が凍るような感覚を覚えた。

さらにネットで位置関係を調べる。

昨日までの推理である川俣町からだと、祖父が担当していたダム工事現場までは直線距離で10キロ以上ある。

よく考えてみれば、当時自動車は今のように何台もあったはずはない。難工事の作業をするのにそんなに遠い場所から通うだろうか。移動があまりに大変である。

これは昨日の推理の盲点であった。

で、たった今見つかったT町蛇塚は、現場から本当に間近であった。

川の工事箇所のすぐ隣である。

参考以下地図が蛇塚の位置で、すぐ東側に祖父が建設に関わった蓬莱発電所の文字がある

私は前日の推理で完璧に分かった気になっていたが、先祖がおいおい、お前の推理は間違っているぞというヒントをカーナビを使って提示してくれたのではないかと真面目に思った。

そうとしか思えない。

前日完璧と思った推理よりも、こっちの立子山のほうが現場側からするとずっとリアルなのだ。

うーむ。

夕刻、問題の仕事で目的の集落に向かう前に、ちょっと時間があったので蛇塚に向かってみた。

こちらも山の中であるが、川俣の蛇塚山に較べて住んでいる家も多く、道路もしっかりしている。

土地も広いのでこちらだと工事関係者用の宿舎も設置出来そうだ。

車中からうろうろ見ていて、ある看板に文字を見つけ、私はまたぞっとした。

村上

この地域には唯一の史跡として村上薬師堂という、後醍醐天皇の皇子を奉ったお堂があり、その説明看板である。

この場所で生まれたかもしれない叔母、つまり伊達の蛇塚というヒントを投げかけた叔母は、成人して横浜に嫁に行くのだが、その嫁ぎ先は村上家である。

叔母の生まれたとおぼしき場所に、将来の嫁ぎ先を暗示する史跡が構えているのだ。

偶然にしてはあまりにも見事な一致である。

昨日の説は一転して覆った。

今度はさらに強い確信である。絶対ここだ!

次回ラストにつづく。

メンデスの失点は審判のせいにできる。w

メンデスの失点は審判のせいにできる。w甘いところしか取らないしwまあそうなると案の定広島は打ちまくるよね

きょうはいわき競輪にいなかったの?周回

きょうはいわき競輪にいなかったの?周回板めくり忘れでレース不成立とかいう珍事があったようで、そういうのは一度見てみたい気がする